宅建資格を持つファイナンシャルプランナーが資産価値を重視した住宅購入をコンサルティング

はじめて住宅を買う人のために

賢い購入方法をこっそり教えます

自由が丘FP住宅購入相談室

03-3361-3092

受付時間

9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

消費税10%になる前に住宅購入すべきか

消費税10%の前に住宅購入すべき?

消費税10%の前に住宅購入すべき?

2019年10月には消費税が10%へ引き上げられることになりましたが、住宅を購入される方にはどのような影響が出てくるでしょうか。

景気への影響を考えて消費税増税後の住宅購入に対して色々な政策を打ち出していることからも気になるところですね。よくある議論ですが、増税前に住宅を購入するべきか、それとも増税後でもいいのかとあります。

そこで、住宅購入者が消費税10%増税に向けて検討しておくべきポイントをいくつか紹介していきたいと思います。

課税対象は建物のみ

よく消費税増税前に住宅購入を急いだ方がいいと聞いたりしますが、本当にそうでしょうか。増税前に住宅購入しないと損すると思われている方に聞いてみると、次のように考えているようです。

(例)5,000万円のマンションを購入するケース

  • 消費税増税前:5,000万円×8%=400万円
  • 消費税増税後:5,000万円×10%=500万円

■増税前と増税後の消費税差額:500万円-400万円=100万円

よって、消費税の増税後では100万円もの税金を多く支払うことになるため、増税前に住宅購入を急ぐべきだ、という理由です。

しかし、そもそも消費税の課税対象は、建物部分のみとなりますので、先ほどの考え方は間違っていることになります。

先ほどと同じ5,000万円のマンションを例に考えてみましょう。

建物部分と土地部分に分けてみます。通常、土地の方が価格が高くなりますので、建物:2,000万円、土地:3,000万円としてみます。

すると、消費税の課税対象は建物部分の2,000万円となりますので、

  • 消費税増税前:2,000万円×8%=160万円
  • 消費税増税後:2,000万円×10%=200万円

■増税前と増税後の消費税差額:200万円-160万円=40万円

どうでしょうか、先ほどの消費税差額100万円が40万円になりました。

それでも、消費税の増税後では40万円もの税金を多く支払うことになるため、増税前に住宅購入すべきだ、との理由になってしまうかもしれませんが、これだけでそうとは言い切れません。

次のポイントを見てみましょう。

 

中古マンションは課税されない!?

消費税の増税前に住宅購入すべきか、それとも増税後に住宅購入すべきかというだけの議論ではなく、購入する物件はどのようなものか、新築マンションか、それとも中古マンションか、ということも重要になります。

なぜなら、そもそも消費税は、事業者が提供する商品やサービスに対して課税される税金であるため、中古マンションは消費税の課税対象外となるからです。

一方、新築マンションは、マンション開発業者が販売するものですので、消費税の課税対象となります。

ここで、注意が必要なのは、すべての中古マンションが消費税の課税対象外となるわけではないことです。ヒントは、消費税は、「事業者が提供する商品やサービスに対して課税される税金」であるということです。

これで気付いた方が多いかもしれませんが、中古マンションの売主が誰かということです。

もちろん、売主が個人の場合は消費税はかかりませんが、売主が不動産業者の場合、中古マンションであっても消費税がかかってしまうことになります。よくある、リフォーム物件やリノベーション物件などです。

中古マンションの購入を検討されている場合、消費税の増税前と増税後ではそれほど変わらないことになります。ただし、諸費用など、仲介手数料やローン手数料、登記手続の司法書士報酬、リフォーム費用などは消費税の課税対象となりますので、マンション購入の準備が整っている方、将来の資産計画も終え、万全の体制である場合は、増税前に購入を検討されてもよいかもしれません。

ただ、増税後であっても、住まい給付金住宅ローン控除などの政策によって増税分がカバーされますので、無理に増税前の購入を急ぐ必要はないと思います。

いずれにしても、一番大切なのは、消費税というよりも将来の資産計画であったり、無理なく返済できる住宅ローン設計であることは言うまでもありません。

 

※消費税増税前に住宅購入を促されていたり、間違った情報をもとに検討されている方が多いようですので、2019年1月から順次セミナーを開催していく予定です。

セミナー内容は有料の価値がありますが、無料で行いたいと思います。ただし、少人数制5~6名のセミナーにしたいと考えておりますので、早い者勝ちになります。興味のある方は下記あてにご連絡ください。

内容は、重複してしまうかもしれませんが、不動産業界のウラ事情なども含め、セミナーでしか聞けないような話も用意しています。

※不動産業界関係者、ファイナンシャルプランナーの方の参加は固くお断りします

 

第1回は、2019年1月26日(土)13時ころ、場所は新宿駅近くを予定しています。

本サイト以外でも参加募集をしていますので、恐れ入りますが、予定人数に達しましたらその時点で予告なく締め切りとさせて頂きますので、予めご容赦ください。

なお、都合が悪い方は、第2回・2019年2月2日(土)13時ころ、場所は日本橋近く、も予定していますので、宜しければご参加ください。

 

セミナー(無料)のお申込みはこちら

代表プロフィール

佐藤 健人
資 格
  • ファイナンシャルプランナー
  • 住宅ローンアドバイザー
  • 宅地建物取引士
  • 競売不動産取扱主任者
  • 行政書士
  • 貸金業務取扱主任者

対応エリア

東京都内、文京区、中央区、新宿区、杉並区、世田谷区
、渋谷区、目黒区、大田区、品川区、豊島区、千代田区などの23区内、横浜市、川崎市エリアも対応可能です。

ご連絡先はこちら

LiFEコンシェルジュ

03-3361-3092

お問合せフォームはこちら

新宿オフィス

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-17-14