宅建資格を持つファイナンシャルプランナーが資産価値を重視した住宅購入をコンサルティング

はじめて住宅を買う人のために

賢い購入方法をこっそり教えます

自由が丘FP住宅購入相談室

03-3361-3092

受付時間

9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

だれもが知って得する ー 知っトク情報です

知って得する 専門家コラム

住宅購入に関して知って得する情報などを随時コラムを掲載していきます。

地震保険が来年1月に保険料の値上げ!

地震保険は、東日本大震災などをきっかけに加入者が増えてきていますが、その保険料が来年1月に値上げとなります。さらに、来年だけでなく値上げが予定されているようです。

間違った住宅購入の流れ

ほとんどの方は、住宅、マイホームの購入について初めてとなりますが、その購入方法、購入に至るまでの流れが間違いだらけで、とても危険です。よくあるパターンをご紹介しますと、そろそろマイホームを購入しようかな⇒住宅展示場や見学会に参加⇒そこで会った専門家やファイナンシャルプランナーに住宅ローンを相談、事前審査⇒物件キープのため手付契約・・・。

2019年不動産は暴落する!?

最近、よく本屋さんに並んでいる書籍やネットで、「2019年不動産暴落説」というタイトルや情報を目にすることがないでしょうか?結婚をされたり、お子さんが生まれたりして、マイホームの購入を検討されたり、住み替えを検討されてたりしている中で、住宅購入をためらっている方は少なくないかもしれません。

それではどうして、2019年に不動産が暴落してしまうと騒がれているのでしょうか。

2022年問題って?

不動産業界で騒がれている2022年問題についてです。

2022年問題をカンタンにいうと、1992年に生産緑地法により指定された生産緑地(本来住宅地として扱うべきところを農地扱いにする)が指定解除となることから、主に世田谷区や練馬区などの都市部に存在する生産緑地が大量に住宅地として不動産市場に供給されることにより、地価が暴落してしまうというもので、生産緑地問題ともいわれます。

そもそも、生産緑地とはどのようなものでしょうか。

家を買うと、税金がかかるの?

家を買うことによって、一時的な税金として登録免許税や不動産取得税などの税金がかかります。登録免許税は、所有権移転登記や抵当権設定登記などの際に必要となり、登記申請書に収入印紙を添付することにより法務局に納めることになります。

また、家を買った後も継続的な税金として固定資産税や都市計画税などの税金がかかります。これらの税金ですが、諸条件を満たすことで負担が軽減されるケースがあります

消費税10%の前に住宅購入すべき?

2019年10月には消費税が10%へ引き上げられることになりましたが、住宅を購入される方にはどのような影響が出てくるでしょうか。

景気への影響を考えて消費税増税後の住宅購入に対して色々な政策を打ち出していることからも気になるところですね。よくある議論ですが、増税前に住宅購入すべきか、それとも増税後に住宅購入すべきかとあります。

そこで、住宅購入者が消費税10%増税に向けて検討しておくべきポイントをいくつか紹介していきたいと思います。

代表プロフィール

佐藤 健人
資 格
  • ファイナンシャルプランナー
  • 住宅ローンアドバイザー
  • 宅地建物取引士
  • 競売不動産取扱主任者
  • 行政書士
  • 貸金業務取扱主任者

対応エリア

東京都内、文京区、中央区、新宿区、杉並区、世田谷区
、渋谷区、目黒区、大田区、品川区、豊島区、千代田区などの23区内、横浜市、川崎市エリアも対応可能です。

ご連絡先はこちら

LiFEコンシェルジュ

03-3361-3092

お問合せフォームはこちら

新宿オフィス

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-17-14