宅建資格を持つファイナンシャルプランナーが資産価値を重視した住宅購入をコンサルティング

はじめて住宅を買う人のために

賢い購入方法を教えます

人生100年時代の住宅購入相談室

03-3361-3092

受付時間

9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

あああああああ
トップページ

住宅購入でこんな悩みはありませんか?

  • 本当に家を買ってしまって大丈夫なのか・・・
  • いくらまでの物件なら買っていいのか・・・
  • 住宅ローンはいくらまで借りていいのか・・・
  • 月々の住宅ローンはちゃんと返済していけるのか・・・
  • 家を買っても将来の教育費はちゃんと準備できるか・・・

もし、このようなお悩みをお持ちでしたら、これからお伝えすることはきっとあなたの役に立つはずです。

なぜなら、これからお伝えすることは、あなたが住宅ローンを無理なく返済できるマイホームの購入予算を明らかにする方法だからです。

この方法を知ってもらうことで、マイホームの購入後も住宅ローンの返済や将来の教育費、老後資金の心配のない生活を送ることができるようになります。ですから、もしあなたが、今住宅購入に不安を感じているのであれば、これからお伝えする内容をしっかりとご覧ください。

住宅購入の「お金」や「仕組み」を知らないと・・・

宅建取引士資格を持つ住宅購入専門のFPです

はじめまして、住宅購入専門のファイナンシャルプランナーをしております、佐藤と申します。

宅建の知識、専門性を生かし、宅建取引士とファイナンシャルプランナーのダブルライセンスで住宅購入の相談を専門で行っております。

宅建資格は持っていますが、いわゆる「不動産屋さん」ではありません

そのため、住宅を売る必要がありませんので、あなたのために、あなたの立場で住宅購入をサポートします

 

住宅購入は、人生で3つの大きな支出(住宅購入資金、教育資金、老後資金)の中でも最も大きなものになります。

そのため、買い方を間違ってしまうと大変なことになってしまいます。保険のように簡単に見直すというわけにもいきません。

少し大袈裟にいいうと、人生をかけて住宅ローンを完済していくことになりますので、住宅・マイホーム購入は、「絶対に失敗できない、いや絶対に失敗してはいけない買い物」になります。

ただ、多くの皆さんは住宅購入のような大きな買い物をすることは初めてのことがほとんどですよね。当然ですが、初めてのことなので、「こうすれば安心」、「こうすればお得」ということがわからないため、何かと不安、心配になってしまうのが普通だと思います。

特に、お金のことが分からないと余計に不安になってしまいますよね。。

 

■住宅購入の経験をされていないと・・・・・

  • 今の年収でマイホームを買っても大丈夫なのか?
  • いくらまでの物件なら買っていいのか?
  • 頭金はどれくらい必要なのか?
  • 新築がいいのか、中古がいいのか?
  • 諸費用も含めると、結局全部でいくらになるの?

 

こういったようなことも、なかなか見当がつかず、分かりませんよね。

もし、このようなことについてきちんと理解せずに簡単に考えて行動してしまうと、

  • 今の家賃よりも高い毎月の返済額で計算してしまう
  • 不動産屋さん、工務店、ハウスメーカーのアドバイスに従ってしまう
  • 一生に一度きりだからと、高い金額でもつい頑張ってしまう
  • 自分の理想を一番にしてしまう
  • 不動産会社や住宅販売会社に紹介されたファイナンシャルプランナーに全て任せてしまう

このようになってしまうことがほとんどです。

これは、住宅購入に関するお金の知識がないばっかりにそうなってしまうことです。

こういったケースがほとんどで、当たり前のように起きてしまっていますが、私は、このような予算の決め方、考え方は非常に危険だと思います。

なぜなら、現在の家計だけでなく将来を見据えた方法で予算を決めないで住宅を購入してしまうと、次のような事態に陥ってしまう可能性、危険性があるからです。

あなたは年収だけで住宅ローンの借入金額やマイホーム購入予算を安易に決めていませんか?

例えば、年収の●倍とかで・・・?

①ローン返済に追われる生活に

今の賃貸を基準にして、「これくらいなら大丈夫」と思ったとしても、教育費の関係などで月々の支出が数万円多くなってしまうことがあります。また、住宅ローンを変動金利で組んだ場合は、将来に渡って金利が変動してしまうので、特に注意が必要です。

支出においては、教育費の外にも、これまでの賃貸には必要のなかった固定資産税の支払い、管理修繕費の支払い、火災地震保険の支払いなど、思わぬ出費が増えてしまうことが少なくありません。

あらかじめ、こういったことをよく考えておかないと、住宅ローンの返済に追われるようになり、生活が苦しくなってしまう可能性があります。

最悪の場合、せっかく購入したマイホームを手放してしまうということになりかねません。実際、100人のうち3人、4人の割合で住宅ローンの返済に困り、支払えなくなってしまうということです。

 

②子どもの教育資金が不足

住宅購入の予算を間違ってしまい、購入費用にお金をかけ過ぎてしまうと、その影響は教育費に及んでしまい、お子さんの教育に十分なお金をかけることができなくなってしまいます。

そのため、しっかりとした資金計画を経てないと、教育資金が不足してしまい、子どもを学習塾に通わせてあげたり、習い事をさせてあげられなくなってしまいます。

今や、「親の経済力と子どもの学力は比例する」などと言われ、経済格差が大きな問題にもなってしまっていますので、親としては、未知なる可能性を秘めている子どもにできるだけのことはやってあげたいですよね。

 

③旅行も行けず、節約だけの生活

住宅ローンの返済負担が大きいと、まず最初に趣味や旅行などが節約対象となってしまい、ただひたすら住宅ローンを返済するだけの生活となってしまうことが多いようです。例えば、家族そろっての月に一度の外食を我慢することになったり、年に一度の家族旅行を我慢することにもなったりしてしまいます。

 

④最悪の場合、住宅ローン破産に

住宅ローンの返済方法について、ボーナス月の返済額が大きすぎる場合、予定していたボーナスが減ってしまったり、業績悪化によりボーナスの支給自体がなくなってしまうと返済が困難になってしまいます

そうなってしまうと、大切なマイホームを手放すことになってしまいます。およそ住宅ローンの返済を滞ってから6か月くらいで競売となってしまうような目安です。

ボーナスは保障された給与ではありません。しかも今や終身雇用も当たり前ではなくなっている時代ですので、35年もの長期に及ぶ住宅ローンは果たして返済し切れるのでしょうか。

現在の年収で決まるのは、あくまで「借入可能額」です。借入可能額は金融機関が貸してあげてもいいよという金額に過ぎず、あなたが無理なく返済できる「返済可能額」ではありません

住宅ローンを無理なく返済し、人生100年時代を有意義なものとするにはライフプランをきちんとしておくことが必須となります。

 

このように、住宅・マイホームの購入予算、「お金のこと」をちゃんと知っておかないと、「夢のマイホーム」がいつの間にか「悪夢のマイホーム」になってしまいかねません。

それでは一体どうすれば、住宅購入後も節約生活に追われず、十分な教育資金も確保でき、住宅ローン返済に不安にならない生活を送ることができるのでしょうか?

 

その答えは・・・・・

「売り手側」の立場ではない「第三者」に相談することです。

 

 

「売り手側」ではなく「第三者」に相談

第三者の立場ではない、つまり「売り手側」となる不動産屋、工務店やハウスメーカー等は「適切な予算」を教えてくれません。

なぜなら、不動産屋、工務店、ハウスメーカー等は、一つでも多くの住宅物件を、1円でも高く売ることが仕事だからです。どうやったら、一つでも多くの住宅物件を、1円でも高く売れるのかということを日々必死に考えています。仕事なので当然ですね。。

不動産屋、工務店、ハウスメーカー等は、「住宅販売」に関しては専門家ですが、住宅購入後の「お金のこと」については知る由もありません。もちろん、住宅購入後の生活がどうなるのか、将来の教育資金がどうなるのか、老後までに住宅ローンが返済し切れるのか、老後資金はどうなるのか等についてはアドバイスしてくれません。

また、第三者の立場のように見えますが、銀行も同じです。銀行の仕事は、少しでも多くの人に、少しでも多くのお金を貸して住宅ローンの利息から利益を稼ぐことですから、これも当たり前ですよね。銀行から「この収入なら、これくらいの住宅ローンだったら大丈夫ですよ」等と言われると、なぜか安心してしまうかもしれませんが、これがかなり危険なのです。

どうしてかというと、あなたが借りられる借入限度額(銀行が貸してくれる貸付可能額)と、あなたが無理なく返済できる金額(返済可能額)とは全く別物だからです。

 

られる金額 ≠ 無理なく返済できる金額

 

それでは、もし、「売り手側」の立場にある専門家に相談してしまうと、どうなってしまうのでしょうか・・・。

売り手側の専門家に相談すると・・

最適なアドバイスを受けられない

これまで、「売り手側」となる立場にあるのは、不動産屋(不動産販売会社も含む)、工務店やハウスメーカー、そして銀行ということでしたが、それだけではありません。

実際に紹介されたことがある方がいるかもしれませんが、不動産屋、工務店やハウスメーカー、銀行から「ライフプランをシュミレーションしてみては」という形で紹介された提携ファイナンシャルプランナーです。

そのため、「売り手側」の立場にある専門家というのは、およそ次になります。

  • 不動産屋(売買仲介)、住宅販売会社
  • 工務店やハウスメーカー
  • 銀行などの金融機関
  • 上記の売り手側から紹介されるファイナンシャルプランナー(売り手側と提携している)

 

例えば、住宅ローン3,000万円を借りた場合に「今の賃貸と同じくらいの月々返済が70,000円~でマイホームが買えます」等というチラシを見かけることがありますが、住宅ローンの金利が上がった場合、月々100,000円以上の返済になってしまう可能性があることをあなたはご存知でしたか?

そもそも、月々の返済額が増えてしまうことを知らなかった人もいて、最初は「これくらいなら大丈夫」と思っていても、その後に家計のやりくりが大変になってしまった、最終的にはマイホームを手放さないといけなくなってしまったという例は少なくありません。

実際に、私が弁護士事務所でパラリーガルとして法律実務に携わっていた際に、自己破産をしたケースのほとんどが住宅ローンによるものでした。

 

私は、第三者の立場の住宅購入専門のファイナンシャルプランナーです。

宅建資格を持っていて、住宅購入の業界の仕組み、ウラ事情も知り尽くしています。

 

住宅の売り手側の立場にある専門家に相談することがどのようなことなのか、分かって頂けたかと思います。でも、この日本では、売り手側に相談したり、アドバイスを求めることに何の違和感もなく、当たり前になってしまっています。最悪、このようなことに気づいてさえもいないことの方が多いです。

あたなも思い当たる節はありませんか?

例えば、身近なものとして、保険相談なんかはどうでしょうか。保障内容もよく分からないまま、月々高い保険料を支払っていたりしませんか?

売り手側でない第三者に相談すると

最適なアドバイスを受けることができる

住宅の売り手側ではない第三者の立場の専門家であれば、そのような心配はありません。

 

なぜなら、住宅を売ることが目的ではないため、住宅の購入者である「あなた」の立場に立って、最適なアドバイスが可能だからです。

先ほどの「売り手側」の立場にある専門家からのアドバイスの場合、どうにかして住宅購入をしてもらおうという方向となってしまい、適切な予算から程遠くなってしまいますが、第三者の立場からのアドバイスであれば、「無理なく返済できる適正予算」を知ることができます。

 

ただ・・・、日本にはまだまだこのようなサービスがありません。

金融先進国であるアメリカでは住宅購入の前にファイナンシャルプランナーに相談することは当たり前となっています。住宅購入だけでなく、資産運用などもファイナンシャルプランナーに相談しています。

残念ながら、日本では、「ファイナンシャルプランナー、イコール保険屋さん」の代名詞となってしまっていて、保険相談できる人というイメージしかありません。実際、そうですので仕方のないことですが。。

 

そのため、適切な予算を知りたい、第三者の立場の専門家に頼みたいと思っても、このようなサービスを提供している専門家がいないのが現実です。

 

そこで、私は、少しでも安心して住宅購入をできる人が多くなるように、これまでの実務経験で獲得してきた知識、情報、技術をもとに、第三者の立場からあなたが無理なく返済できる住宅ローンの適正予算をお伝えする「住宅購入予算診断サービス」を提供しています。

予算診断サービスとは・・・

「住宅購入予算診断書」を作成

詳細なヒアリングを行い、それをもとに、あなたが無理なく返済できる住宅購入の予算について、「住宅購入予算診断書」を作成して具体的な数字をお伝えします。

あなたは、この予算を参考に住宅購入を検討すれば、「お金の失敗」をしなくてもすみます。

私は、「売り手側」の立場ではなく、「買い手側」の立場をサポートする住宅購入専門のファイナンシャルプランナーとして、コンサルティングを行っています。

私は、これまでに建設業界、法律業界、保険業界、不動産業界と多くの業界を見てきましたが、どこの業界でも高い買い物をしてしまったり、損をしてしまうなど「お金の失敗」をしてしまうのは、業界の仕組みや歪みを全く知らない「買い手側」であることが少なくありませんでした。これまでの経験を生かして、住宅ローンだけでなく、物件の選び方、住宅購入後のお金のこと、保険の見直し相談、教育資金、老後資金のための資産形成・資産運用、相続対策など、1500名を超える方にコンサルティングを行ってきました。

 

このような経験をもとに、社会的なサービスの必要性を感じ、第三者という立場の専門家、第三者の視点であなたの利益を最優先としたコンサルティングを行い、「あなたは、この予算であれば、住宅を購入しても大丈夫ですよ」ということをお伝えしています。

住宅予算相談のタイミング

物件探しよりもまずは予算を

この住宅購入予算診断サービスを利用するタイミングですが、具体的な物件が決まっていなくても、そろそろ家を買おうかな・・・と思ったら、そのときです。なるべく早くご利用されるほうがよいです。

 

なぜなら、予算診断の結果次第では、家計見直しなどにより、思っていたよりも高い予算を組めてしまったり、逆に、思っていたような予算とならずに気に入っていた物件を諦めてしまうことになるからです。

 

物件探しが先でもなく、住宅展示場に足を運ぶのも先ではなく、そろそろ家を買おうと思ったそのときがベストです。

 

物件探しや住宅展示場に行くのはそのあとでも全然遅くはないです。むしろ、購入予算も決まっていない状態で、物件選びなどできるはずもありません。もし、何となく物件探しから始めているとすれば、それは住宅購入失敗のはじめの一歩となっている可能性が高いです。

 

ですから、できるだけ早く相談に来てください。

住宅購入において一番最初に行うべきことは適切な予算を知ることです。

 

適切な購入予算が分かっていれば、物件選びに迷うことはなくなり、余計な時間や労力をかけずに済みますし、余計な心配や悩みを抱えずに住宅・マイホーム購入に集中することができます。

 

「あなたの購入可能な住宅の予算を最初に把握する」ことで、賢くスマートな住宅購入を実現することができるのです。

住宅予算診断サービスの流れ

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

まずはお気軽にお問合せください

平日は時間がないという方も安心です。

最初に、電話またはメールフォームでお気軽にお問い合せください。折り返し、ご連絡致します。

ご連絡頂けましたら、ご面談日時を決めさせて頂きます。

平日はお仕事で忙しいという方のために、土日もご面談を受け付けております(事前予約が必要です)。

初回面談・ヒアリング
(約60~90分)無料

まずは、ご家庭の家計状況を把握する必要がありますので、ヒアリングを行います。

お客さまとの対話を重視することがモットーです。お客さまのお話にじっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にヒアリングいたします。

ご相談・ヒアリングは出来る限りご夫婦でお願いします。

ヒアリングは・・・

  • 現在のご職業と年収
  • ご家族の人数、年齢、お子さんのご予定
  • 趣味、旅行などにかけるお金について
  • 現在の家賃とこれから検討したい住宅について
  • 家計の支出と収入の状況、保険加入状況

などについて、伺っていきます。こういったお金のことを把握することは、住宅購入の予算を考える上で非常に大きなポイントになります。

こちらの資料をご用意頂けますと、面談がスムーズになります。

  • 源泉徴収票
  • 住民税納税通知書
  • 年金定期便(直近3年分)

現状をしっかりと把握することで、無理なく返済できる適切な予算を算出することができます。まずは直接会ってから話を進めていきたいという方のために、初回面談を無料にしています。

 

予算診断書の作成(約14日間)

STEP2で伺ったヒアリング内容を一旦持ちかえり、それをもとに分析・シュミレーションを行います。

予約の混雑状況にもよりますが、およそ14日前後のお時間を頂きまして、マイホーム購入予算診断書を作成していきます。

初回面談後、予算診断サービスをご利用いただける方には具体的な金額を示した予算診断書をお渡しします。

ここでお伝えするのは、しっかりと専門家の目線から算出した金額です。

「あなたのご家庭の家計が住宅を購入した後にどのようになっていくのか」を具体的に数値化したデータを資料として作成しております。

診断結果をもとに打合せ
(約60~90分)

診断結果をもとに面談を行います

作成した予算診断書をもとに、面談・打合せを行います。

なぜ、そのように診断したのか等、具体的な理由も添えて予算診断書の解説を行います。

住宅購入のご検討を進められる方で、ご希望される方には住宅購入コンサルのご案内をしています。

■予算診断サービスでこれが分かる■

  • 収入と支出のバランス・年間収支
  • 必要となる教育費
  • 将来の年金額と公的保障
  • 具体的な金利・返済期間による住宅ローン返済計画
  • 貯蓄残高の推移(65歳時の貯蓄額など)や老後資産の状況
  • 無理なく返済できる予算(具体的な金額)

予算診断サービスの料金についての考え方

利用価値 > サービス料金

住宅購入予算診断サービスの料金については、少しでも多くの方に利用して頂けるように、特別な想いをこめて設定していますが、

ここで、ちょっと考えてみて下さい。

あなたが、住宅購入予算診断サービスを利用した場合に、その利用価値はいくらになるでしょうか・・・

 

これは住宅購入で失敗された方からよく聞く話の一部です。

  • 子どもが生まれて、今の賃貸だと狭くなってしまったので、ちょうどいい機会だと思って、マイホームを購入することにしました。マイホームであれば資産にもなるし、いつでも売れると思って。でも、忙しい中で、物件を2つ、3つみて、バタバタと決めてしまいました。

 

  • 一生に一度のマイホーム購入なので、新築マンションにしました。今の家賃より2~3万円高くなったけど、財産になると思って、頑張って払っていきます。でも、年に一度の固定資産税の納付通知を見ると、これから返済していけるか不安です。

 

  • 中古は不安だったので、思い切って新築にしました。でも、子どもたちがいると、あっという間に新築から中古になってしまいました。高い買い物をしてしまいました。佐藤さんのアドバイスどおり、「いつから中古になるのか」について深く考えさせられました。中古×リフォームのほうが良かったです。

 

これまでお伝えしてきましたが、マイホーム購入は人生で最も大きな買い物になります。よく分からないから何となく決めてしまうと、その後の人生に大きな影響を及ぼします。

マイホームは契約書にサインすれば購入できますが、住宅ローンの返済はそこからスタートです。

 

よく「家を買った」といいますが、実際のところ、登記名義上、あなたが「所有者」になりますが、住宅ローンの返済が終わるまでは、「あなたのものではない」のです。

 

場合によっては。「家なんて買わなきゃよかった」と後悔をしてしまうこともあります。でも、例え後悔したとしても、住宅ローンの返済は待ってくれません。

 

私は、あなたに、住宅・マイホームを買った後に、お金のことで後悔して欲しくありません。

この住宅購入予算診断サービスを利用することによって、将来のお金の不安を抱かずに失敗しないマイホーム購入を行うことができます。

 

つまり、予算診断サービスを利用することで、あなたの人生設計が崩れてしまうリスクを回避することができるのです。

 

まずは、初回面談・ヒアリング(無料)であなたの家計の状況や今後の方針、お悩みなどをヒアリングさせて頂きます。その際に、サービスを利用して頂けるようであれば、料金をお支払頂きます。

予算診断書の作成には14日ほどの時間を頂いています。

そして、次の面談時にあなたは『住宅購入予算診断書』を受け取ることができます。追加料金はかかりません。

 

これを「人生を左右する住宅・マイホームの購入を失敗しないようにするために払うお金」として考えてみてください。

 

安心の返金保証制度

万が一、住宅購入予算診断サービスの内容に満足できなければ、料金を全額返金させて頂きます。

あなたに金銭的なリスクはありません!

安心の返金保証制度

住宅購入予算診断サービスを利用された上で、「思っていたのと違った」、「満足できなかった」ということで、返金の理由をメール等でご連絡ください。

10営業日以内に返金の手続をさせて頂きます。

つまり、あなたに金銭的なリスクはありません。

まだ日本では住宅・マイホーム購入の際に、住宅購入予算などのお金のことを住宅購入専門のファイナンシャルプランナーに相談するということが浸透していないので、予算診断サービスがまだほとんど知られていません。

そこで、まずは気軽に金銭的なリスクなくサービスを利用して欲しいと考え、このような返金保証制度にしました。

専門的知識や業界の情報がない「買い手側」の住宅・マイホーム購入では、適正予算を設定できずに購入した後で後悔してしまう人が後を絶ちません。それどころか、住宅購入に失敗していることさえも気付いていない人も少なくないのです。

しかし、住宅購入の適正予算について、この診断サービスを利用すれば、そういったリスクを回避することができます。

私は、少しでも多くの人に「住宅・マイホームを買った後も楽しい生活を送って欲しい」と思っています。そして、人生100年と言われる時代に、できれば資産価値の高い住宅を手に入れて欲しいと思っています。

そのため、少しでも利用しやすくしたい、少しでもハードルを下げたいと思って、この返金保証を実施しています。あなたにとって、住宅購入予算診断サービスの料金設定が「機会損失」となってもらいたくないと考えた結果の返金保証制度です。

セミナーのご案内

理解しやすい少人数制セミナー

予算診断サービスを利用する前に、まずは色々と話を聞いてみたいという方は、セミナーにご参加されてみてはいかがでしょうか。

セミナー開催につきましては、ご参加される人数によりますので、場合によっては開催をしないケースもございますので、予めご了承ください。

 

もし、セミナー開催しない場合でも話を聞いてみたいという方は無料で個別面談(60分)をさせて頂きますので、メールまたはお電話にてご連絡ください。

 

住宅購入後にお金で悩みたくないあなたへ

ぜひ、住宅・マイホームの購入前に、宅建資格のある住宅専門のファイナンシャルプランナーがいるLiFEコンシェルジュ(お金と暮らしと住まいの総合コンサルティング)にご相談ください。

マイホーム購入を成功させるためには、「適切な予算を知ること」が最も重要です。家を買っても住宅ローンの返済に追われ、その後の暮らしが楽しくなければ何の意味もありません。

住宅購入、住宅ローンについて、予算診断サービスを利用すれば、適切な予算が分かるようになります。将来のお金のことについての余計な悩みが少なくなります。

しっかりと自分に合った予算を把握したうえで家を買うことによって、さらにあなたはこのような素晴らしい将来を手にすることができます。

 

予算診断サービスの利用で得られる将来

  • 子どもをストレスなくのびのびと育てることのできる環境
  • 広くて新しいキッチン、お風呂(リフォームで奥様仕様に)
  • 家族みんなでゆっくり過ごせる時間
  • 心機一転して仕事や家事に取り組もうという前向きな気持ち
  • 家庭菜園やガーデニングが楽しめる自分たちだけの庭、空間
  • 家を買って本当に良かったと思えること(資産価値の認識)
  • 家を買ってからもお金が貯まる家計

もし、あなたが「このような将来を実現したい」と思うのならば今すぐ下記のお問合せフォームよりお申込みください。下記の電話番号からお電話いただいても構いません。

あなたからのご連絡をお待ちしております。

一緒にマイホームを買ってからも不安がない、楽しい生活をつくっていきましょう。

 

無料セミナー(メール講座)も実施しています

すぐに相談する必要はないけれど、数年以内には住宅購入の予定をしている方、住宅購入のお金に関わる役立つ情報が欲しい方は、こちらの無料セミナーにご登録ください。

知っているだけで1,000万円払うお金が変わる!?

これから住宅を購入したいと思っているあなたへ!

知っているだけで1,000万円払うお金が変わってしまう、まさか、そんなことって・・・

えっ、知らないと1,000万円も損してる!?

住宅購入の「お金」のことがわかる無料セミナー(メール講座)

画像をクリックすると、無料セミナー詳細に進みます。

よくあるご質問について

ここではよくあるご質問をご紹介します。ここに記載のない場合は、恐れ入りますが、お電話またはお問合せフォームよりご質問ください。

自宅での面談は可能ですか?

はい、可能です。

ご自宅訪問の場合は、別途交通費を頂戴いたしますので、お問い合せ下さい。

繁忙期などの予約状況によりましては、住宅購入予算診断サービスのご自宅訪問をお請けできないことがあります。

平日は仕事なので土日の相談はできますか?

はい、大丈夫です。

事前にご予約頂ければ、土日でも大丈夫です。

事前に勉強しておく必要はありますか?

いいえ、ございません。

住宅購入予算診断サービスをご利用されるにあたっては、特に勉強をしたりする必要はありません。できるだけ分かりやすく説明するように心がけていますので、ご安心ください。

相談の際に、分からないことがございましたら、ご遠慮なくその時点でご質問ください。

「家を買えない」と言われてしまいそうで不安です。

ご安心ください。

何の根拠もなく、頭ごなしに「家を買えません」という診断、アドバイスはしません。ご希望の物件を買ってしまったら間違いなく老後破産してしまうような場合はどのような物件だったら大丈夫か等、どうやったら家を買うことができるかを一緒に考えていきます。

相談のときに子どもを連れて行っても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

ただ、人生で最も大きい買い物となりますので、落ち着いて話をできるようにご夫婦二人だけでお越しいただけますと幸いです。

お子様をお連れの場合は、ご自宅又はファミレスなどでご面談することが比較的多いです。

夫は忙しいので、私一人で相談に行ってもいいですか?

はい、大丈夫です。

マイホームの購入は、ご夫婦で意見が完全に一致することが少なく、意見が割れてしまうことが多いですので、できればご夫婦お二人で相談に来て頂き、お二人のご意見を賜りたいと考えています。

住宅購入予算診断サービスの利用に必要なものはありますか?

はい、ございます。

 できれば、次のものをご用意頂けると幸いです。

  • 源泉徴収票 過去3年分
  • 年金定期便 過去3年分
  • 生命保険関係資料
  • 家計簿など

今すぐではなく数年後に住宅を購入しようと思っていますが、予算診断サービスの利用は可能でしょうか?

住宅購入を決意されたタイミングをオススメします

住宅購入までの具体的な貯蓄や支出など、具体的な数字が反映されなくなってしまいますので、マイホームの購入を決意されてからのご利用をオススメしています。

今すぐ住宅購入というわけではないけれども、住宅購入のお金に関して役立つ情報が欲しい方は、メール講座をご利用ください。

文京区、中央区、新宿区、杉並区、世田谷区以外の物件を希望していますが、相談はできますか?

はい、大丈夫です。

東京都内では、主に文京区、中央区、新宿区、杉並区、世田谷区を対応させて頂いておりますが、渋谷区や目黒区などその他23区の場合でも、横浜市、川崎市でも対応可能です。

千葉や埼玉、それ以外の方からもご相談を頂いております。

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せはこちら

03-3361-3092

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

     9:00~15:00(土曜日)

「ホームページを見て・・・」と一言お伝え頂くとスムーズです。

日中は相談業務が多く不在となることが多いため、土日祝日を含め、宜しければお問合せフォームをご利用ください。

代表プロフィール

佐藤 健人
資 格
  • ファイナンシャルプランナー
  • 住宅ローンアドバイザー
  • 宅地建物取引士
  • 競売不動産取扱主任者
  • 行政書士
  • 貸金業務取扱主任者

対応エリア

東京都内、文京区、中央区、新宿区、杉並区、世田谷区
、渋谷区、目黒区、大田区、品川区、豊島区、千代田区などの23区内、横浜市、川崎市エリアも対応可能です。

ご連絡先はこちら

LiFEコンシェルジュ

03-3361-3092

お問合せフォームはこちら

新宿オフィス

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-17-14